スポンサーサイト

Posted by AKiNoBu on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/5/26 弥山川・双門コース -初の双門コース-

Posted by AKiNoBu on 27.2013 双門の滝コース   18 comments   0 trackback
【登山日】 2013年 5月26日(日)
【山域】   大峰山系 弥山川・双門コース
【目的】   双門コース踏破
【コース】  熊渡(5:55) - 釜滝(6:53) - 一の滝(7:44) - 仙人嵓前テラス(8:37-9:00)
       - 河原小屋跡(10:15) - 狼平(11:32-11:40) - 弥山(12:20-12:54)
          - 狼平(13:23-13:52) - カナビキ尾根分岐(14:40-14:50) - 熊渡(15:53)
【メンバー】 な~ちゃん・AKiNoBu

どこまでも続きそうな垂直に伸びるハシゴを登れば今度は鎖場、
その鎖場を登れば、またハシゴ。
と思ったら、今度は河原で岩を越えたりルートを探しながら渡渉の繰り返し。

今回はついに大峰の難コースである双門コースにチャレンジしてきました。
両手両足で岩場やハシゴをよじ登る楽しいコースでした。

この日は河原の水量も少なくて思ったより苦労せずに歩けました。

IMG_2330_20130527195225.jpg
大峰を歩き始めて色々と調べたりするようになり、
この双門コースを知るまでにそう時間はかからなかった。
高度感のあるハシゴやクサリ場、岩場などが沢山あり、
ネットなどで見るその写真は普通の山歩きと少し違い楽しそう。
でもルートがわかりづらそうだったり難しそうなイメージもある。
今まで躊躇していたのは、やっぱりどこかでビビっていたのかもしれない。

しかし、GWの奥駈縦走が不甲斐ない結果に終わってしまったので、
何か挽回(何に対して?)できるようなルートを歩こうと思い
天気の良い週末が連休になったので遂に決行することにした。
それに、24日のBS放送『絶景・山の時間』はまさにこの双門コースの放送だった!!
タイミング良すぎっ!!
これはもう、大峯の神さんが登って来いと言ってる!!
よしっ!

と、予定していたら、なーちゃんからTEL。

な:「週末山行けるようなったからどっか行けへん?」

A:「週末は連休やし天気良さそうやから双門コース行きますねん。」

な:「俺も行くっ!」

A:「行こっ!」


というわけで、
なーちゃんの仕事が終わる土曜の昼に出発して前泊し双門コースに挑むことにしました。
一人なら狼平でツエルト泊でもしてマッタリするつもりが、それができなくなったのは残念ですが、
今回は初の双門コース。一人より二人の方が心強いです。
プラマイゼロどころかプラスの方向です。


土曜日の午後に出発し、この日は移動のみ、
天河大弁財天で明日無事に歩けるようにお参りし、
温泉に入り、飯を食ってテント場へ。
IMG_2146.jpg

IMG_2178_20130527104336.jpg  IMG_2182.jpg  


今回はトンネル西口の登山口を入ってすぐの場所をテント地にしてみました。
朝の移動が若干面倒ですが、車中泊よりゆっくり寝れるし。
何よりテントで寝たい二人なのです。
IMG_2186.jpg


~翌朝~

昨夜、寝袋に入って寝たが暑すぎて汗ダクになり途中で目覚めてしまった、
それからは寝てたのか起きてたのか微妙な睡眠時間。
土曜日起きるのが遅すぎたのが影響したかな。
結局眠くならず、AM2:00頃からは完全に起きていた。
AM2:30頃には既に登り始める人の足音も聞こえた。


準備を整え熊渡へ移動。
昨日の腹痛は無くなっていて一安心。

AM6:00の熊渡は既に車で一杯。
小さなスペースに車をねじ込み、先行のパーティー何組かに続き出発。
IMG_2202.jpg  IMG_2205.jpg

登山届ポストの横には危険を喚起する看板とお馴染みの手書きの看板。
IMG_2212.jpg IMG_2209_20130527112504.jpg

緊張感が高まり気を引き締める。
引き締めたいけど、看板の絵が可愛すぎて♪
IMG_2215_20130527095427.jpg


カナビキ尾根と白河八丁の分岐までは緩い林道歩き。
分岐では先行パーティのお父さんと少し会話。
双門コースで登り、天女の舞からバリエーションの尾根を下るのだそう。それも楽しそう。

双門へはこの分岐を左に下ります。
IMG_2220.jpg


分岐から下ると白河八丁の河原。
新緑がキレイです。
IMG_2222_20130527113829.jpg

河原をしばらく行くとネットで見たことある矢印
IMG_2233.jpg

すぐ横が釜滝です。
IMG_2237.jpg

ここからいよいよ本格的になってきます。
クサリやハシゴが随所に出てきます。

まずは滝の横の斜面を登っていきます。
IMG_2243.jpg

IMG_2246.jpg

崩れている箇所もあります。
IMG_2260.jpg

案内板もあり迷うようなことはなかったです。
IMG_2264.jpg

再び河原に出ると、そこは河原なんてもんじゃなく
大岩がゴロゴロところがる谷。(右上にテープが見えます)
IMG_2267.jpg

そしてネットでよく見る岩越え。
両手両足を使いよじ登るのが楽しいです。
この日は水も無く難なくクリア。
(水量が多い日にはこの下も水?)
IMG_2271.jpg

上からのアングル
IMG_2274_20130527134341.jpg


大岩をクリアし、しばらく登ると吊り橋が見えると、そこは一の滝。
イマイチ迫力が無かったですがキレイな場所でした。
IMG_2282.jpg

すぐ横の吊り橋を進みます。
こんな山奥にこんなキレイな吊り橋!!
IMG_2294.jpg

そして、ようやく垂直ハシゴの登場
IMG_2303.jpg

こんどはクサリ場
IMG_2305.jpg

お次は岩くぐり
IMG_2307.jpg

そして、またハシゴ
IMG_2310.jpg

ハシゴ~!!
IMG_2316.jpg

垂直バシゴが連続で続きます。

今度はほぼ垂直のクサリ場
IMG_2318_20130527135137.jpg

IMG_2321.jpg

クサリ場から振り向けば稲村ヶ岳方面。
下の谷が歩いてきた白河八丁。
IMG_2320.jpg

あんなに登ったのに下んのか~ぃ!と思ったら、
双門の滝と仙人嵓が見わたせる仙人嵓前のテラスに到着。
IMG_2325.jpg

ここで少し休憩。
途中から同じペースのおっちゃん4人組も到着し賑やかな雰囲気。
この後もほぼ同じペースでしたが、楽しいおっちゃん達でした。
金剛登山仲間らしく、中には金剛山8000回登頂の強者のおっちゃんも。


ここから迷ヶ岳の肩までも、登りは続きます。
IMG_2332.jpg IMG_2337.jpg

途中にあった遭難碑。平成6年と書いてあります。
当時はまだ今のような整備がなかったのでしょうか。
IMG_2333.jpg

登りきり迷ヶ岳の肩に到着。
4人組のおっちゃんからこの先のルートのアドバイスを貰い先を行きます。
ここからは河原まで下りです。
IMG_2340.jpg

プライベートビーチの様な雰囲気の河原に出ました。
水が冷たくて気持ち良いです。
IMG_2343.jpg

ここからは先は、河原を歩いたり巻いたりしながら進みます。
IMG_2354.jpg

しばらく行くと人工物の残骸。
河原小屋が流された跡ですね。
IMG_2357.jpg

IMG_2362.jpg

テープを探しながら進みます。
IMG_2367.jpg

河原を進めないなと思ったら周りを見渡せば
対岸にテープがあったりして、渡渉を繰り返します。
(左側に赤テープがあります)
IMG_2370.jpg


そして、鉄杭が現れ
IMG_2383.jpg

「おっ!そろそろ例の空中回廊か~?!」
と思ったら、まずは空中ブランコが出現しました。
IMG_2388.jpg

こういうのは楽しいですね。
ただ、もっと高度感のある場所に付いているのかと思ってましたが
そうでもなかったです。横には鉄杭もありました。

そして、楽しみにしていた空中回廊の登場。
IMG_2393.jpg

IMG_2394.jpg IMG_2397.jpg

ここも思った程の高度感は無く、
すぐ横にはクサリもあるので安心して渡れました。

ここをクリアしてしばらく行くと、

あれっ?なんか見たことのある建造物の影…
IMG_2405.jpg

狼平に到着です。
IMG_2407.jpg

もっと時間が掛かるかと思ってましたが。
意外とアッサリ到着しました。
(登山口から約5時間半)

すこし休み、
時間も体力もあるので弥山まで登ることにしました。
(小屋でのビール&コーラ目当て…)

よく整備された階段を登ります。
IMG_2413.jpg

40分程で弥山到着。
まずは天河大弁財天の奥の院でもある弥山神社へ無事登れたことを報告。
IMG_2419.jpg

そして冷えたビール&コーラを求め小屋へ行くと・・・

「ビールは麦とホップのみ、ジュース類は売切れなんです~。」

・・・

なーちゃんは麦とホップをGET。

僕は・・・
持ってきた、ぬるくなったスプライトで乾杯。

ここで事件発生。
実は狼平で背中からお尻あたりまで汗でぐっしょり濡れていて。

「今日は暑いし、難コースの緊張から汗も多くかいたんやなぁ」

と思って気にしていなかったけど、弥山でザックをおろして休憩してると
ザックの背面が湿ってるどころか水滴が滴り落ちるほど。

!!!

もしかしてっ!!

中のプラティパスを確認すると
1L程残っていた水が200mlほどに・・・

漏れてるや~ん!!

プラティパスの底の折り目の部分に小さな穴が空いていました。
購入して3年程かな、寿命でしょうか。
確かにペラペラなのでいつ破れてもおかしくはない。
今後は数年に一回は買い換えるようにしたほうがいいのかな。

IMG_2422.jpg


弥山をあとにし、狼平へ戻ります。
(今回は八経ヶ岳、明星ヶ岳周りはパス)

狼平でコーヒーブレイクし、一気に下山。
双門コースは下山禁止なので、カナビキ尾根を下ります。
(あのコースは下りたくない!)

カナビキ尾根の分岐は看板もあり分かりやすかったです、
狼平方面から下ってこれば見逃すことはまず無いでしょう。
IMG_2438.jpg

IMG_2440.jpg

カナビキ尾根も迷うような箇所は無く、
テープも踏み跡もしっかりしているので問題ないと思います。
ただ、破線ルートなので多少の歩きにくさはありました。

時間にも余裕があるのでのんびり下ろうと出発すると
なーちゃんは小走り気味で下山。

特に追いかけずに一人で歩いていましたが、
負けず嫌い虫がウズウズし、
(山歩きに勝ち負けなんて無いんですが)
靴紐をギンギンに結びダッシュ開始!
なーちゃんに追いつき後ろから走って煽ります。

IMG_2448.jpg

このデッドヒートで少し時間短縮。
あっという間に白河八丁との分岐に到着しました。
IMG_2452.jpg

すると、朝ここで会った天女の舞からの尾根を下ってきたパーティーと再会。
朝のお会いして下山時にも同じ場所で会えました。(上の写真にも写っていますね)

後は林道を熊渡まで歩けば無事下山です。
IMG_2454.jpg


【まとめ・あとがき】
初の双門コースは、厳しい難しいという想像が大きくなり過ぎたからか
思いのほか歩きやすかったし、面白くてメチャクチャ楽しめ、
また歩きたいと思える素敵なコースでした。


垂直のハシゴももっともっとあるのかと思ったし、
クサリのハシゴも空中回廊ももっともっと高度感があるのかと思ってた。
奥駈道で歩いた弥山から釈迦ヶ岳までの崩落している箇所や
釈迦ヶ岳手前の岩場のトラバースの方が高度感もあり怖かった。

ルート上にはテープがしっかりあり、見失っても落ち着いて探せば絶対あったし、
そこまで分かりにくい箇所もなかった。
二回ほど間違ったがすぐにルート復帰できた。
ルート探しは二人だったので探す時間が短縮できたと思う。
僕一人ならテープを探しわまる時間がもう少し増えたかもしれない。

それに河原の水量が少なかったので
河原ではどこでもある程度自由に歩けたし
渡渉の際も気にせず渡れたのも苦労せずに歩けた要因かもしれない。

注)ここで言う〈歩きやすかった〉とは
  「簡単に歩けたよ~!」と言っているのはなく、
  僕の、このコースに対する厳しいという想像が大きくなり過ぎたせいで
  実際歩いてみると思ったほど厳しくなかったという個人的な感想です。
  歩く際はプランニングや装備をしっかりして天候にも気をつけるようにして下さい。

スポンサーサイト

こんなコースあるんだね、ぜんぜん知らなかったよ。

それにしても、楽しそう~

僕も、いつか行こう。
2013.05.28 00:37 | URL | kazuaki #- [edit]
おぉやりましたね。先日の「絶景・山の時間」、僕も見ました。
一度歩きたいと思っているコ-スです。詳しい写真参考になります。一昨年の崩れた所がわかりにくそうですね。
2013.05.28 06:51 | URL | 紀州のカモシカ #- [edit]
おはようございます。

もっと過酷な歩きになるもんだとてっきり思っておりましたが
少し違ったようですね。
しかし、無事楽しめたということでなによりです。

ぬるいスプライトはちょっと残念でしたが。
2013.05.28 08:36 | URL | ハム #4JcWZNxE [edit]
>kazuakiくん
ずっと行きたいと思いながら数年経ってしまい
ようやく行けました♪

噂通り難コースでしたが、
この日は天候も良くて気持ちよく登れましたよ(*^_^*)
2013.05.28 20:55 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
>カモシカさん
ようやく行けました♪
直前のテレビではイメージがつかめて良かったです。

崩落箇所から先は確かにわかりにくかったですね。
でも至ることろにテープが必ずあったので、
テープを探しながら歩けば大丈夫でした。
それに思った以上に踏み跡もあり安心して歩けました。

これからの季節オススメですよ~!
2013.05.28 21:03 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
>ハムさん
過酷だろうと思い過ぎてたのかもしれません(*^_^*)
でも、常にルートを探しながらの歩行になるので、
気が抜けずに疲れました。

水ばっかり飲んでいたので、
ぬるくても甘い飲み物は嬉しかったですよ。
これからの季節は仕方ないですね^^;
2013.05.28 21:09 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
初めまして

白川八丁分岐で、行きも帰りもお会いしたお父さん(4人グループ)です。
 
あの時は偶然にも帰りも同時でしたね。

「天女の舞」はなかなか雰囲気のある場所でしたよ。

トラバース道が少しわかりにくかったですが地図とコンパスでOKでした。

次回は、少し足を延ばして弥山~八経~明星までいってみたいですね。

狼平でテン泊もいいですね。
2013.05.28 22:39 | URL | #- [edit]
>鷹さん
わ~ぉ!またこうしてお会いできました~♪
訪問&コメントまで頂いてありがとうございますm(__)m

先日はお疲れさまでした。
天候も良く気持ち良い登山になりましたね!

夏の間にもう一回ぐらい歩きたいなと思ってます、
その時は狼平でのんびりテント泊して
天女の舞方面にも行ってみようかな(^_^)

またどこかでお会い出来るの楽しみにしていますね(*^_^*)
2013.05.29 08:54 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
ちょっち、ちょっち〜!!
アップ早いやんかいさ〜!!!

しかし、めっちゃ楽しかったな〜。
思ってたより早くに狼平についてホッとしたわ。

金剛山8000回のおとうさんが言ってたけど、やっぱり2人パーティーが一番早いってね。
しかも二人のレベルがおんなじくらいのコンビがいいって。

はやく君と同じレベルになれるように、頑張るわ。

毎年初夏の恒例行事としよう!!

次の行き先は、ミーティングで決めましょう。

追伸 神戸の鷹さんが書き込みしてくれてはるやん!!どうやって見つけはったんやろ?(笑)
2013.05.29 13:23 | URL | なーちゃん #fYdA4Rtg [edit]
アキノブさん、なーちゃん こんばんは。


>またどこかでお会い出来るの楽しみにしていますね(*^_^*)
こちらこそ楽しみにしています。

>次の行き先は、ミーティングで決めましょう。
5月の連休で「笈ヶ岳」(日本二百名山)に行ってきました。
純白に輝く「白山」を後にし、急登の連続、冬瓜山のナイフリッジの難所を越え
白山の稜線~山頂へと続く雪山歩きは最高でした。 達成感申し分なし!!
是非、一度行ってみてください。(4/末~5/中でないと登れません)

2013.05.29 20:16 | URL | #- [edit]
>なーちゃん
お疲れ様でした。
やっぱブログ更新は速さでしょ~よっ!!
早かったから鷹さんからもコメントもらえたも~ん(*^_^*)

今回も楽しい山行でした♪
時間にも余裕があって良かったですね~
今までどんなけチンタラ歩いてたんやって話ですね。

僕も大したレベルじゃないしね
すでに良いコンビじゃないっすか!

2013.05.29 21:17 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
>鷹さん
笈ヶ岳って知らなかったので調べてみました!
これはそそられますっ☆
限られた期間しか登頂が可能できないってのも素敵ですね~♪
白山方面は未知の世界なんで楽しみです。

早速『行きたい山リスト』に追加しました(*^^)v
素敵は情報ありがとうございます!
2013.05.29 21:59 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
初めまして。
実は私もテレビを見て次はココ!と決めていました。毎年、大台ケ原を数回歩いていますが、昨年山で知り合った方から大峰山の魅力を聞いてから今年の目標は大峰山系&熊野古道まで足を伸ばすことと決めていました。お二人の登山記とても参考になります。
少し天候はぐずつき気味ですが、明日あさってあたりにデビューしようかと。無理をせずに楽しんできます。
2013.06.05 18:10 | URL | zaneri #- [edit]
>zaneriさん
はじめまして!
コメントありがとうございます(*^_^*)

僕も大峰の魅力に取り憑かれて早数年です。
zaneriさんもテレビ見られましたか、
ワクワクする放送でしたよね~!
行ってみるとその期待を裏切らないコースですよ♪♪
お気をつけて楽しんできてくださいね!
他の大峰の山々も素晴らしいので是非歩いてみて下さい(^^)
2013.06.05 18:55 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
薄日がたまに覗くくらいの曇天でしたが、涼しくて気持ちの良い1日でした。
一人で歩いたので、AKiNoBuさんのようにすんなりとは行きませんでしたが(笑)、まるで誰かがプロデュースした、次から次へとアトラクションが登場するテーマパークのようで楽しかったです。ただ空中ブランコは慣れていないとあちこちぶつけてあざだらけになりそう(爆)。
大峰山系、いいですね。これからもいろんなコースを楽しみたいと思います。
2013.06.07 08:03 | URL | zaneri #- [edit]
>zaneriさん
お疲れ様でした。
気持よく歩けたようで何よりです(*^_^*)
すんなり行かなかったのもまた楽したったのでは?(笑)

これ、完全にプロディースしてますよねぇ~(^_^)
そして絶妙な整備っぷりは脱帽ですよ。
どんなふうにハシゴや鉄杭を設置していったのか興味あります。

大峰のどこかで会ったら声掛けてくださいねw
2013.06.07 13:22 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]
zaneriです。
そういえば途中の河原で恐竜を発見しましたので報告します。
http://bit.ly/15VIeAk

これも自然の創り出したアトラクションの一環なのか!? 恐らくはカモノハシ恐竜の一種と思しき姿を写真に収めることが出来ました。もうしばらくは生息していると思いますので、機会があれば探してみてください。

場所のヒント:山崩れして流木が散乱している河原の少し上流付近です。

コメント欄を汚してしまいました。ゴメンなさい。
2013.06.08 17:44 | URL | zaneri #- [edit]
>zaneriさん
これは大発見じゃないっすか~(*^_^*)
自然の創り出す形ってビックリするものがありますよね~♪
次回行くときは注意して探してみます。

ちなみに、大峰の法力峠から稲村ヶ岳へ向かう途中にはマンモスがいますよ♪
是非会いに行ってみて下さいね( ・∀・)ノ
2013.06.09 21:55 | URL | AKiNoBu #9mLggzAQ [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yamadeaimashou.blog33.fc2.com/tb.php/95-c3377cc3

プロフィール

AKiNoBu (アキノブ)

AKiNoBu

キャンプ・自転車旅・バイク旅を楽しみながら、突然、登山にハマり本格的に開始。いつまでたっても登山初心者ですが写真を撮りながら単独で山登りを楽しんでいます。


◆当ブログについて◆
◆メールフォーム◆

logo_twitter_withbird_1000_allblue.png

カテゴリ

年別山行記録

大峰山系(19)
 ┣ 八経ヶ岳(5)
 ┣ 山上ヶ岳(1)
 ┣ 稲村ヶ岳(2)
 ┣ 釈迦ヶ岳(2)
 ┣ 大普賢岳(1)
 ┣ 狼平(1)
 ┣ 観音峰(0)
 ┣ 北奥駈縦走(5)
 ┣ 双門の滝コース(1)
 ┗ 鉄山(1)
台高山系(8)
 ┣ 明神平(8)
 ┗ 東大台(0)
金剛・葛城山系(11)
 ┣ 金剛山(7)
 ┣ 葛城山(1)
 ┣ 二上山(1)
 ┗ 岩湧山(2)
比良山系(2)
 ┣ 武奈ヶ岳(1)
 ┗ 八雲ヶ原(1)
鈴鹿山系(1)
 ┣ 霊仙山(1)
 ┗ 鎌ヶ岳(0)
生駒山系(1)
 ┗ 南部縦走(1)
北アルプス(7)
 ┣ 立山(4)
 ┣ 奥穂高岳(3)
 ┗ 常念岳・蝶ヶ岳(0)
六甲山(1)
 ┗ 芦屋川→有馬(1)
石鎚山(0)
屋久島(6)
 ┣ 宮之浦岳縦走(3)
 ┗ 太忠岳(1)
登山道具(5)
写真(2)
日記(18)
スノーボード(1)
バイクツーリング(1)
その他(4)
 ┣ プロフィール(2)
 ┗ メールフォーム(1)

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。